押阪忍

提供:自由な百科事典『マイぺディア(mypedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipediaに「押阪忍」の項目があります。


押阪 忍(おしざか しのぶ、昭和10年(1935年2月28日 - 令和6年(2024年6月29日)は、日本フリーアナウンサー司会者タレント芸能プロモーター。元日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)アナウンサー

略歴[編集 | ソースを編集]

岡山県出身。妻はタレント栗原アヤ子。長男は押阪雅彦

昭和33年(1958年)に日本教育テレビ(現在はテレビ朝日)アナウンス部に第1期生として入社。6年後の東京オリンピックでは「東洋の魔女」と謳われた女子バレーボールの試合の実況を担当。昭和40年(1965年)には民放テレビで初となるフリーアナウンサーとなり、多くの司会を務めたことで知られている。昭和46年(1971年)には放送プロダクション「エス・オー・プロモーション」を創業し、自ら会長に就任し、終身まで務めた。SOプロトークアカデミーの塾長として、放送界に多くの人材を輩出するなど、後進の育成にも熱心だった。

高齢もあって令和6年(2024年)から病床につくようになり、6月29日午後9時21分に東京都老人ホームで死去。死因は老衰。89歳没。葬儀告別式は近親者で行われた。

出演[編集 | ソースを編集]

テレビ[編集 | ソースを編集]

映画[編集 | ソースを編集]

ラジオ[編集 | ソースを編集]

CM[編集 | ソースを編集]

著書[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]


外部リンク[編集 | ソースを編集]