2017年対真珠戦

提供:自由な百科事典『マイぺディア(mypedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2017年対真珠戦(―たいしんじゅせん)は2016年頃から2017年頃にかけて発生した日本語版ウィキペディアのLTA、真珠王子(別名:Arufarufa)によるコミュニティ撹乱行為の総称。

2017年対真珠戦
真珠湾攻撃
戦争 対LTA:SHINJU戦
年月日 2016年10月・2017年2月
場所 ウィキペディア日本語版
結果 2016年10月甘薄荷の解除を巡る争いではLTA:SHINJUが勝利、2017年2月ではjawpコミュニティが勝利
交戦勢力
LTA:SHINJU jawpコミュニティ
テレポちゃん、甘薄荷、だぶるすてっち、その他多数の悪玉アカウント JapaneseA、Qleed、Allcutman、ikedat76、ミランブラジル、HOLIC 629Wなど
戦力
大量のブロック破りアカウント 大量
損害
善玉アカウントの一斉検挙 ikedat76などはブロック

概要[編集 | ソースを編集]

ウィキペディア日本語版では2011年からLTA:SHINJUによるコミュニティ撹乱が行われていた。特に2015年~2017年は善玉アカウントと悪玉アカウントの使い分けによるコミュニティに対する攻撃・コミュニティ疲弊が行われていた。

第一陣・2016年10月 甘薄荷の解除を巡る戦い[編集 | ソースを編集]

そんな中、2016年こどもの日に作成されたLTA:SHINJUのアカウント、「甘薄荷」が出現した。まず、甘薄荷は最初にLTA:SHINJUの特徴である新しい記事などの管理系のページ<に関与した。しかし、その特徴がほぼ完全に真珠王子のアカウントであるとして管理者であるMaximusM4によって無期限ブロックされた。しかし、それを不当として甘薄荷アカウントは管理系への活動はミスである、記事の執筆に参加したいと解除依頼を提出[1]。実際甘薄荷アカウントが執筆した記事は品質がかなり良いものであったことから、Triglavぱたごんなどの管理者からは解除に肯定的な声が見られた。そして、別人を装った同じLTA:SHINJUのアカウントであるテレポちゃんが、解除依頼を提出。結果はJapaneseAなどの反対票もあったが、解除された。この戦いはLTA:SHINJUの勝利に終わった。

第二陣・2017年2月 善玉アカウント一斉取締り[編集 | ソースを編集]

しかし、この後にチェックユーザー依頼を通してだぶるすてっちが悪玉アカウントとの同一性が認められてしまい無期限ブロック。そして、最初は安全だと思われていた甘薄荷などもコミュニティの注意が低くなっていったときにLTA:SHINJUの特徴である新規記事・新規画像などの選考に身を入れるようになり、テレポちゃんなどもLTA:SHINJUの傾向を強めるようになった。そしてこれを重く見たミランブラジル(2023年7月現在の名前:Miraburu)がコメント依頼を提出し、そのコメント依頼の結果甘薄荷・テレポちゃん両名を対象とするブロック依頼が提出され、このブロック依頼の結果無期限の投稿ブロックとなった。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. なおこのとき初心者にしてはかなり珍しくIRCにまで接続していることがわかる